【おすすめ】自動車電気修理の検電器はAP検電テスター プラスマイナス極性検知のレビュー

その他

私が普段仕事で使っているおすすめの工具を紹介します。

AP 検電テスター プラスマイナス極性検知 980円(税抜)

この商品をAmazonで購入する場合はこちらへ

検電器は特にいろんな種類のものを使ってきました。

写真の2つの検電器は同じものですが、上が現行で下が前の物です。

現行の物は中に基盤みたいなものが入っています。前の物はLEDは問題なく点燈しますがブザーがよく鳴らなくなる事が多かったですが、現行のモデルになってからはブザーの故障は改善されました。

特にアストロさんのは私のお気に入りです。

まず、通電していればブザーが鳴るのが一番です。

例えば一人で点検している時に、車外で点検箇所に検電器を取り付けて室内でスイッチオンで通電してるかブザー音で確認できます。ランプの点燈だけでしたらこうはいきません。

通電があれば赤色のLEDランプの点燈も明るくて見やすいです。

極性の点検も緑色のLEDランプが点灯して一目で確認できます。

DC6V~DC24Vまで測定できるので電気修理にはこの検電器一つで幅広く使用できます。

ボディアースに取り付けるクリップも大型で挟みやすく、外れにくいです。マグネットもついているので挟まず金属面に貼り付けての使用も可能です。

先端には安心の保護キャップもついていますので保管中にケガなど防止できます。本体にはペンクリップもついています。

アストロさんの検電器をぜひ一度お試しください。

この商品をAmazonで購入する場合はこちらへ

■商品仕様:
・全長:152mm(コード含まず)
・重量:63g(コード含む)
・使用可能範囲:DC6V~DC24V
・コード長:~最大約1.8m
・機能:プラス極性通電時は赤色LED点灯、マイナス極性通電時は緑色LED点灯、通電時にはブザー音、クリップ側面にマグネット付き
・材質:ABS(本体)、クリップ(スチール)

■注意事項:
※必ず、使用範囲内で使用してください。
※濡れた手で使用しないでください。
※テスター先端は鋭利になっているので、ケガをしないよう取り扱いに注意し、使用後は必ず保護キャップを取り付けてください。
※配線に刺して検電する場合は、同じ箇所に刺さないでください。
※エンジンルームで使用する場合は、コードが巻き込まれないよう取り回しに注意してください。
※高温な場所には使用しないでください。
※磁気の影響を受けやすい物の側で、使用しないでください。
※水のかかる場所や、湿度の高い場所では使用しないでください。
※テスターの接触状態や電圧状態によって、音色や音量が変化します。
※コードを引っ張り過ぎると、元に戻らなくなる場合があります。

■商品仕様・注意事項は公式ページより引用

収納時におすすめが100均のマジックテープのロールのやつです。

こんな感じで巻くとコードがかさばりません。

この商品をAmazonで購入する場合はこちらへ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク
GAMをフォローする
GAMの頭の中

コメント

タイトルとURLをコピーしました