【エルフ】グローブボックス修理しました!費用を1/10以下に抑える方法とは?イスズ フォワード 補修部品 修理事例

イスズ
スポンサーリンク

【エルフ】グローブボックスが閉まらないので、蓋を交換した価格の1/10以下で直した修理をご紹介します。

エルフのグローブボックスは、よくキャッチ部分が壊れて閉まらなくなります。

通常なら蓋を交換すればいいのですが…、これがまた高額です。

ですから、テープで固定したりネジで開かない様にしていますよね。

しかし、この記事を読めば交換価格の約1/10以下に抑える事ができます。

もちろんフォワードも同じ構造なので修理できますよ。

とはいえ、トラックの修理費用ってすごく高いですよね。

自分で修理が出来るなら部品代だけで済みますが、無理は禁物です。

自分で修理が出来ない場合は、車屋さんに依頼して下さいね。

車屋さんにも修理の参考にして頂けたら嬉しいです。

GAM
GAM

整備士歴26年の私が、皆さんのお役に少しでも立てればと思いこの記事を書きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

修理対象車両情報・依頼内容・修理費用

修理対象車両情報:イスズ エルフ TPG-NKR85AN 4JJ1 H31/01 45000km

依頼内容:グローブボックス蓋が閉まらない

修理費用:1660円+税

スポンサーリンク

エルフのグローブボックス修理

グローブボックスの蓋は通常ならこのように閉まります。

このタイプは、エンジンが4JJ1と4JZ1に採用されています。

これが、よく壊れてしまいますよね。

壊れてしまうとこの様に、開きっぱなしになる為テープで固定したり、ネジを取り付けて蓋が開かない様にしている車両をよく見かけます。

これでは折角のグローブボックスが台無しですよね。

これが正常なキャッチの状態です。

破損するとキャッチがこのようになってしまいます。

こうなると、蓋が閉まらなくなります。

蓋だけの部品はありますが…、交換するのはかなり大変です。というのは、取り付けネジが裏から付いているのでダッシュボードを動かさないと交換が出来ません。

交換作業すると部品+工賃で約25000円位かかります。

さすがに蓋を交換だけで25000円…。かんたんに修理しないですよね。

しかし、この部品を使用すると交換費用の約1/10以下で修理が出来てしまいます。

補修部品を、破損したキャッチに取付けます。

部品取り付け後は、普段通りグローブボックスの蓋を開閉できます。

スポンサーリンク

フォワードのグローブボックス修理

フォワードもエルフと同じ部品で修理できます。

エルフより蓋は長いですが、キャッチ部分は同じ構造になっています。

尿素水使用のフォワードは、対策されているようです。

こちらが、尿素水を使用しているフォワードのグローブボックスの蓋です。

これなら破損しても、キャッチの部分だけ交換できそうですね。

ちなみにエルフ(4JZ1)尿素水使用車は、GAMが知る限りでは対策はされていないようです。

スポンサーリンク

グローブボックス補修部品

これが、蓋のキャッチ部分を補修する部品です。

なぜかグローブボックスの部品図には載っていません。

左がスクリューの取付ネジで、右がストライカーのキャッチ部分です。

作業時には、スクリューとストライカーの両方をご購入下さい。

↓グローブボックス補修部品 スクリュー↓

↑取り付けのネジになります↑

↓グローブボックス補修部品 ストライカー↓

↑キャッチの部分になります↑

スクリュー

これが取り付けネジのスクリューになります。

要は、タッピングビスですね。

↓おすすめデジタルノギス↓

↑ステンレス製で安心ですね。次の購入はこれに決まりです↑

それでは、サイズを計測したいと思います。

ネジ部の径は約2.4mmですね。

ネジの全長は、約10mmですね。

GAMが購入した訳ではありませんが、こんなネジをみつけました。

純正部品ではありませんが、サイズ的にはこれではないかと思います。

純正ネジは高価ですのでこれでまとめ買いもありかもですね。

↓スクリューのまとめ買いならこちら↓

↑参考にして頂ければと思います↑

ストライカー

これが、破損したキャッチを補修する部品です。

鉄で出来ているので破損の心配はありませんね。

それでは、部品を取り付けします。

取り付け方法

取説などはありませんので、最初の取り付けには戸惑いました。

取付方向は、このようになっています。

破損した部分のキャッチに取り付けします。

仮に蓋を開閉して状態を確認してもいいですね。

問題なければ、ドライバーを使用してスクリューを締め付けます。

スクリューの締付けは、1番の+ドライバーを使用します。

↓GAM愛用の使いやすいKTCドライバー↓

↑スクリューの締付けは+ドライバー.No1です↑

これで、無事に蓋が開閉できるようになりました。

これですべての作業完了になります。お疲れさまでした。

この記事を参考に作業する上での注意点

この記事は、整備書にない手順・方法や私自身のオリジナル修理・整備方法なども書いておりますので作業される場合はすべて自己責任なりますので注意してください

スポンサーリンク

参考修理費用・部品価格

部品価格:スクリュー 200円

     ストライカー 460円

部品価格:合計 660円

作業工賃:取り付け作業一式 1000円

作業工賃:合計 1000円

参考価格:部品価格+作業工賃=合計 1660円+税です。

スポンサーリンク

今回紹介した工具・用品のまとめ

↓グローブボックス補修部品 スクリュー↓

↑取り付けのネジになります↑

↓グローブボックス補修部品 ストライカー↓

↑キャッチの部分になります↑

↓おすすめデジタルノギス↓

↑ステンレス製で安心ですね。次の購入はこれに決まりです↑

スクリューのまとめ買いならこちら↓

↑参考にして頂ければと思います↑

↓GAM愛用の使いやすいKTCドライバー↓

↑スクリューの締付けは+ドライバー.No1です↑

GAMの記事はいかがでしたか?

皆さんのお役に少しでもたてましたか??

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イスズ自動車整備・修理
スポンサーリンク
GAMをフォローする
【自動車整備士】GAMの頭の中

コメント

タイトルとURLをコピーしました