【キャンター 】システム情報7の消去方法を紹介【動画あり】!アドブルーランプ点灯 三菱ふそう FBA系 4P10 小型 整備事例

自動車整備

【三菱ふそう キャンター】によく出るアドブルー系故障コード【520559-31】システム情報7の消去方法をご紹介します。

システム情報7が消去しても消えないと困っていませんか?

なぜ、この故障コードだけ消えないの?

故障コードが消えないのはすごく困りますよね。

ちなみにシステム情報6もこの方法で消去出来ますよ。

とはいえ、トラックの修理費用ってすごく高いですよね。

自分で修理が出来るなら部品代だけで済みますが、無理は禁物です。

自分で修理が出来ない場合は、車屋さんに依頼して下さいね。

車屋さんにも修理の参考にして頂けたら嬉しいです。

GAM
GAM

整備士歴26年の私が、皆さんのお役に少しでも立てればと思いこの記事を書きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

520559-31 システム情報7とは?

整備マニュアルではシステム・インフォメーション7と記載があるかと思います。
システム情報7と同じものです。故障コードは【6FF1FF】もしくは【520559-31】です。

これはSCR関連の不良が発生した時に入る故障コードになります。
通常は他の故障コードと一緒に入るようです。

一緒に入っていた故障コードは【1761-12】構成部品’AdBiueⓇ充填レベル・センサ’が故障していますが出ていましたが消去してシステム情報7だけ残っています。

スポンサーリンク

故障コードを消す為に必要な物

作業する上で必ず必要になるのがスキャンツール(診断機)ですね。これがなければ始まりません。

バッテリーを外して消去(出来るか分かりません)などはしない様にして下さい。
トラブルの原因になりますのでスキャンツールを使用しましょう。

GAMが使用しているのはG-SCN2ですが、三菱ふそうのファイターや新型車など不具合は若干ありますが現役で使用しております。次買い替えるなら、やはりバンザイの診断機ですね。

↓おすすめのコンピュター診断機↓

↑値段は高いですが自動車修理には必須品です↑

スポンサーリンク

520559-31 システム情報7消去方法

自己診断モードで通常の消去方法では先程と同じ様にシステム情報7だけ残ります

ですので、消去する為には作業サポートの項目に入ります。

一番下までスライドすると【エンジンコントロールユニット学習値リセット】があります。
これはAdblueシステム異常をリセットする為の項目になります。

これを実行してリセットします。

リセットできましたら自己診断に戻ります。

システム情報7はまだ残っている状態です。

再度、消去をします。

これで、無事に消去できました。

スポンサーリンク

【動画】で見る520559-31 システム情報7消去方法

最後に、動画を見て頂くと分かりやすいかと思います。

実際にシステム情報7を消去した動画を見て下さい。

動画はいかがでしたか?

文章で伝えきれない部分も、ご理解出来たと思います。

この記事を参考に作業する上での注意点

この記事は、整備書にない手順・方法や私自身のオリジナル修理・整備方法なども書いておりますので作業される場合はすべて自己責任なりますので注意してください。

スポンサーリンク

今回紹介した工具・用品のまとめ

↓おすすめのコンピュター診断機↓

↑値段は高いですが自動車修理には必須品です↑

GAMの記事はいかがでしたか?

皆さんのお役に少しでもたてましたか??

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車整備
スポンサーリンク
GAMをフォローする
GAMの頭の中

コメント

タイトルとURLをコピーしました