【新型アトレー】3Dフロアマット【魔改造⁈】を取り付けしました!結果は大満足です。ダイハツ 3BD-S700V KF 軽自動車

新型アトレーS700V

S700系新型アトレーに【3Dフロアマット】を取り付けした内容をご紹介します。

魔改造⁉ってなに??

大げさに書きましたが、記事の内容は【3Dフロアマット】の一部を切って使いやすくするという事です。

皆さんの中には、もう購入してご使用されている方もいますよね。

すでにご使用されている方なら特にお分かり頂けると思いますし、これから購入を検討されている方にも参考にして頂けると思います。

これから、GAMが実際に加工した内容を詳しく解説していきますね。

GAM
GAM

整備士歴26年の私が、皆さんのお役に少しでも立てればと思いこの記事を書きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アトレーワゴンS700 S710 3Dフロアマット

こちらが、2か月待ちで購入した【3Dフロアマット】です。

アトレー専用立体形成でピッタリフィット!
水洗いもOK、砂や泥汚れから車内を守ってくれてお掃除もかんたんです。

現在は、フロントだけではなく2列目・ラゲッジマットがセットになったのも販売されています。

しかし、ネットショップのほとんどが在庫切れの状態ですね。

GAMも注文した時は、在庫切れで2か月待ちました。

↓現在、3Dフロアマットの在庫があるお店です↓

↑人気品薄商品の為、在庫切れの可能性もあります↑

↓3Dフロアマットを入荷待ちで注文できるお店です↓

↑いつ予約受付終了するか分からないので要チェック↑

3Dフロアマットを取り付けた状態です。

アトレー専用設計で立体形成されているので、ピッタリですね。

スポンサーリンク

3Dフロアマットの難点

取り付け後、初めての室内清掃時に気づきました…。

3Dフロアマットの難点は取り外す時ですね。

ピッタリに作られている為、取り外し時はかなり傾けないと外す事が出来ないです。

砂や泥などがあると全部下の純正マットにこぼれてしまいますので、掃除してからの取り外しをおすすめします。

↓車用掃除機ヤフーランキング1位獲得商品↓

↑手に吸い付く強さ!家でも大活躍!USB充電式で便利ですよ↑

スポンサーリンク

難点解決!3Dフロアマット【バージョン1】

せっかくの3Dフロアマットなので簡単に取り外ししたいですよね。

なので、外しにくいのを解決するためにズバッと切ってしまいます。

最初は、真ん中で2つに切ってみます。

物差しを当ててカッターナイフで切ります。

↓シンワ測定の物差しがおすすめですよ↓

↑日曜大工やDIYなどにもおすすめ!厚みが1.5mmで安心です↑

↓カッターナイフといえばやっぱり【OLFA】オルファですね↓

↑異次元な切れ味で作業効率アップ間違いなしです↑

真ん中で切断後の取り付け状態です。

取り外しは改善され、泥や砂がのったままでも取り外しができ良かったのですが…。

見た目がいまひとつですね。

スポンサーリンク

難点解決!3Dフロアマット【最終バージョン】

さらに見た目を良くするためにもう少し切ります。

少し難易度が上がりますので落ち着いて作業して下さいね。

切断後のイメージの為、マスキングテープで印をつけます。

↓塗装用マスキングテープ定番品↓

↑安心のメーカー3Mがおすすめ↑

最初はハサミで切る予定でしたが固すぎて、画像のハサミでは切れませんでした。

↓メッチャ切れる口コミ多数の万能ハサミ↓

↑カーペットもバッサリ切れて大掃除にも大活躍ですね↑

よく切れるハサミがなかったので、カッターナイフで切ります。

失敗すると取り返しがつかないので、慎重に切りました。

運転席側の仕上がり状態です。

助手席側の仕上がり状態です。

裏側に滑り止めのマジックテープが付いていたのですが、半分ぐらい剥がれかけていたので全部外しました。

マジックテープが有無の違いは実感出来ませんでした。
GAM的には剥がれてノリが残る位なら、取り外す方がいいと思います。
もともとピッタリに設計されていますし、GAMはマジックテープ無で使用していますが全く問題ありません。

3Dフロアマット【最終バージョン】車両に取り付け

それでは、車両に取り付けた状態です。

純正プレミアムマットのエンブレムも見えていい感じです。

加工後、1か月程使用していますが問題なく大満足です。

特に、運転席と助手席が別々にな砂や泥がたまれば簡単に取り外せる所がいいですね。

掃除機をかける頻度がかなり減りました。

是非皆さんお試しください。

スポンサーリンク

まとめ

現在【3Dフロアマット】品薄になっているので見つけたらゲットして下さい。

3Dフロアマットはピッタリに設計されている為、カットせずに使用時の取り外しには掃除機を忘れない様にして下さい。砂や泥がこぼれてしまいますので…。

切り取り作業は、よく切れるカッターナイフとハサミを忘れずに。

切り過ぎは、取り返しがつかない場合があるので慎重に作業しましょう。

GAMはマット裏のマジックテープ無で使用していますが全く問題ありません。

加工後は、運転席と助手席が別々になり砂や泥がたまれば簡単に取り外せる所がいいですね。

スポンサーリンク

今回紹介した工具・用品のまとめ

↓現在、3Dフロアマットの在庫があるお店です↓

↑人気品薄商品の為、在庫切れの可能性もあります↑

↓3Dフロアマットを入荷待ちで注文できるお店です↓

↑いつ予約受付終了するか分からないので要チェック↑

↓車用掃除機ヤフーランキング1位獲得商品↓

↑手に吸い付く強さ!家でも大活躍!USB充電式で便利ですよ↑

↓シンワ測定の物差しがおすすめですよ↓

↑日曜大工やDIYなどにもおすすめ!厚みが1.5mmで安心です↑

↓カッターナイフといえばやっぱり【OLFA】オルファですね↓

↑異次元な切れ味で作業効率アップ間違いなしです↑

↓塗装用マスキングテープ定番品↓

↑安心のメーカー3Mがおすすめ↑

↓メッチャ切れる口コミ多数の万能ハサミ↓

↑カーペットもバッサリ切れて大掃除にも大活躍ですね↑

GAMの記事はいかがでしたか?

皆さんのお役に少しでもたてましたか??

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
新型アトレーS700V
スポンサーリンク
GAMをフォローする
GAMの頭の中

コメント

タイトルとURLをコピーしました