4P10【キャンター】ヒューズとリレーの位置とは?正確な場所でスムーズに交換!三菱ふそう 2RG-FBA60 小型 整備事例

自動車整備・修理
スポンサーリンク

4P10【キャンター】ヒューズとリレーの正確な位置をご紹介いたします。

このリレーはどこに付いているの?

あっ、ヒューズが切れた⁈そういえば、ヒューズボックスってどこにあるんだろう?

どのヒューズを交換すればいいの?

こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

こんな疑問を、この記事でズバッと解決します。

正確な場所さえ分かれば、自分でもスムーズに交換する事も可能ですよね。

場合によっては、ヒューズの交換だけで直ってしまう事もあります。

もし分からなければ、無理をしないで行きつけの車屋さんもしくはメーカーさんへ行って下さい。

とはいえ、トラックの修理費用ってすごく高いですよね。

自分で修理が出来るなら部品代だけで済みますが、無理は禁物です。

自分で修理が出来ない場合は、車屋さんに依頼して下さいね。

車屋さんにも修理の参考にして頂けたら嬉しいです。

GAM
GAM

整備士歴27年の私が、皆さんのお役に少しでも立てればと思いこの記事を書きました。

↓4M50系【キャンター】ヒューズとリレーの位置はこちら↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事モデル車両データ

この記事のモデルになっている車両データです。

車名:三菱ふそう キャンター

型式:2RG-FBA60

原動機の型式:4P10

初年度検査年月:R04/12

まずはじめに、4P10【キャンター】の電圧は他の車両(24V)とは違いますので注意が必要です。

スポンサーリンク

バッテリーイコライザー

キャンター4P10エンジン搭載車両は、バッテリーが2個付いていますが車両の電圧は12Vです。

これは、バッテリーイコライザー付いているからです。※仕様により異なります。

バッテリーイコライザーとは?

簡単に言うと、24Vから12Vに出力電圧を変換する装置になります。

バッテリーイコライザーの役割

メーンバッテリーと架装用バッテリー間の電圧をバランスよく制御し,バッテリー寿命の強化とメーンバッテリーを保護しています。

バッテリーイコライザーを搭載している車両には、12ボルトと24ボルトの回路を装備しています。キャブ内の電装品は12Vで、架装用の電源は24Vを使用しているので注意して下さい。

バッテリーイコライザーの場所

バッテリーイコライザーが付いている場所は、赤丸の部分になります。

これが、バッテリーイコライザーです。

スモールやストップランプなどの電球は、24Vではなく12Vなので間違えないようにして下さいね。

スポンサーリンク

トラックヒューズの種類は?

トラックに使用されているヒューズは、主にブレードヒューズと言われるものです。

ブレードヒューズには、この様に3種類あります。

↓イチオシ!3種類ヒューズセットがいいですね↓

↑3種バラ売りですがセットで購入しても超格安です↑

スポンサーリンク

ヒューズの種類とサイズ

4P10【キャンター】に使用されているヒューズは【ミニ平型ヒューズ】です。

ミニ平型ヒューズのサイズは、約11.2×16.0×4.0mmです。

↓おすすめ!ミニ平型ヒューズセットはこちら↓

↑これだけあればヒューズが飛んでも安心ですね↑

それでは、ヒューズとリレーの位置を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ヒューズとリレーの場所

実車で、ヒューズとリレーの場所をご説明いたします。

室内ヒューズボックス

最初は、室内のヒューズボックスからです。

室内のヒューズボックスは、赤丸の所にあります。

助手席前のロアーパネルを取外します。

↓取外し方法はこちらを見て下さい↓

カバーを取外すと、この様にヒューズとリレーが確認できます。

カバーの裏側には、ヒューズの配置図が書いています。

ヒューズは、この様になっています。

右上の赤丸の所に、ヒューズを取外す工具(ヒューズプーラー)があります。

上側には、この様にリレーが付いています。

下側のリレーは、この様になっています。

次は、ハイカレントヒューズボックスです。

ハイカレントヒューズボックス

ハイカレントヒューズボックスは、赤丸の所にあります。

カバーのロック(2か所)を外して、カバーを取外します。

カバーの中は、この様にヒューズがあります。

カバーの裏側には、ヒューズの配置図が書いています。

2019年以降(今回のモデル車両)のハイカレントヒューズボックスです↓

2018年以前のハイカレントヒューズボックスです↓

特に注目して頂きたいのが、コンデンサーファンヒューズの位置です。

次は、取扱説明書に記載しているヒューズとリレーの配置図です。

スポンサーリンク

4P10【キャンター】ヒューズとリレーの配置図

取扱説明書に記載しているヒューズとリレーの場所になります。

基本の配置は、年式問わずほぼ同じですね。

新しい車両は、装備が増えているので必然的に項目が多くなります。

ヒューズの種類と位置が変更になっているのが、【コンデンサーファンヒューズ】です。

※車両の仕様や年式により、元から付いていない場所もあります。

2019年以降(今回のモデル車両)ヒューズとリレーの配置図

2019年以降(今回のモデル車両)のヒューズとリレーの配置図です。

ミニ平型ヒューズの位置です。

ヒュージブルリンクの位置です。

リレーの位置です。

次は、2010年から2018年までの配置図です。

2018年以前ヒューズとリレーの配置図

2018年以前のヒューズとリレーの配置図です。

ミニ平型ヒューズの位置です。

ヒュージブルリンクの位置です。

リレーの位置です。

最後に、よくトラブルを起こすリレーとヒューズを紹介します。

スポンサーリンク

よく故障するリレーは?

よく故障する(可能性が高い)リレーをまとめました。

4P10【キャンター】は12Vと24Vのリレーが混在しているので注意してください。

コンデンサーファンリレー

コンデンサーファンリレーは、頻繁にONとOFFを繰り返すので故障しやすいリレーですね。

取扱説明書でのリレー番号は、【3】です。

リレーの名称は、【コンデンサーファン用】になります。

キーをOFFにしても、コンデンサーファンが止まらないなどの症状が出ると思われます。

↓4P10【キャンター】コンデンサーファンリレー↓

↑純正部品番号:MK387280↑

エアコン コンプレッサーリレー

エアコン コンプレッサーリレーは、マグネットクラッチを制御しているので頻繁にONとOFFを繰り返すので故障しやすいリレーですね。

取扱説明書でのリレー番号は、【27】です。

リレーの名称は、【マグネットクラッチ用】になります。

※リレーが動かない時は、クーラーガスが入ってない時やコンプレッサーが故障している時などの原因も考えられます。

↓4P10【キャンター】エアコン マグネットクラッチリレー↓

↑純正部品番号:MK387280↑

スポンサーリンク

よく切れるヒューズは?

よく切れる(可能性が高い)ヒューズをまとめました。

主に使用しているヒューズは【ミニ平型ヒューズ】になります。

↓おすすめ!ミニ平型ヒューズセットはこちら↓

↑これだけあればヒューズが飛んでも安心ですね↑

ブロアモーター

ブロアモーターが動かない時に確認したいヒューズですね。

取扱説明書のヒューズ番号は、【F11】です。

主な使用先は、【ファン】になります。

使用ヒューズは、ミニ平型ヒューズ30A(緑)です。

※ヒューズが切れていない時は、ブロアーモーターが故障している可能性があります。

ラジオ・ルームランプ

ラジオに電源が入らない時や、ルームランプが点灯しない時に確認したいヒューズですね。

取扱説明書のヒューズ番号は、【F12】です。

主な使用先は、【オーディオ・ルームランプ】になります。

使用ヒューズは、ミニ平型ヒューズ15A(青)です。

シガーソケット・電動格納ミラー

シガーソケットに電気が来ない時や、電動格納ミラーが動かない時に確認したいヒューズですね。

取扱説明書のヒューズ番号は、【F16】です。

主な使用先は、【パワーミラー・シガライター・スペアアウトプット】になります。

使用ヒューズは、ミニ平型ヒューズ20A(黄)です。

スマホ・携帯の充電器が故障してヒューズが切れる事が多いです。ヒューズ交換時は、シガーソケットに何も取付けていない状態で作業して下さい。

エアコン

エアコンのスイッチが入らない時に確認したいヒューズですね。

取扱説明書のヒューズ番号は、【F32】です。

主な使用先は、【エアコン】になります。

使用ヒューズは、ミニ平型ヒューズ10A(赤)です。

※直ぐにヒューズが切れる場合は、コンプレッサーの焼付き(故障)や配線がショートしている可能性があります。

コンデンサーファン

特によく切れるヒューズで、エアコンが効かない時などに確認したいヒューズですね。

※年式によりコンデンサーファンのヒューズ位置が違います。

ヒューズの場所は、年式問わず【ハイカレントヒューズボックス】です。

●2018年以前の車両になります。※2019年の車両でも一部該当するようです。
取扱説明書のヒューズ番号は、【F40】です。
主な使用先は、【コンデンサーファン】になります。
使用ヒューズは、ミニ平型ヒューズ20A(黄)です。

●2019年以降の車両になります。
取扱説明書のヒューズ番号は、【HF07】です。
主な使用先は、【コンデンサーファン】になります。
使用ヒューズは、ヒュージブルリンク20A(青)です。

※エアコンのコンデンサーファンが回らなくなり、高温になったコンデンサーを冷却できないのでエアコンが効かなくなります。

これが、ヒュージブルリンク(ハイカレントヒューズ)です。

↓2019年以降のコンデンサーファンヒューズ↓

↑純正部品番号:MH056244↑

この記事を参考に作業する上での注意点

この記事は、整備書にない手順・方法や私自身のオリジナル修理・整備方法なども書いておりますので作業される場合はすべて自己責任なりますので注意してください。

スポンサーリンク

今回紹介した工具・用品のまとめ

↓イチオシ!3種類ヒューズセットがいいですね↓

↑3種バラ売りですがセットで購入しても超格安です↑

↓おすすめ!ミニ平型ヒューズセットはこちら↓

↑これだけあればヒューズが飛んでも安心ですね↑

↓4P10【キャンター】コンデンサーファンリレー↓

↑純正部品番号:MK387280↑

↓4P10【キャンター】エアコン マグネットクラッチリレー↓

↑純正部品番号:MK387280↑

↓2019年以降のコンデンサーファンヒューズ↓

↑純正部品番号:MH056244↑

GAMの記事はいかがでしたか?

皆さんのお役に少しでもたてましたか??

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自動車整備・修理三菱ふそう
スポンサーリンク
GAMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました